タイトルが思いつかなかったので私が1番嫌いな漢字に友情出演してもらいました。

 

ほんとバランス取りにくいよねこの漢字

まず書き順を知らないもん。上手く書けた試しがない。

 

 

 

ブログを書こう書こうとは思ってるんですけどねー。

いつのまにか更新が滞ってしまってる、おきまりのパターンです。

 

 

書いてる途中になんか萎えちゃうんですよね。あ、この記事着地点見失ったな、どこまでバックスペースで遡って書き直したらいいんだろう、とか、そんなグルグルした思考のせいでWindows2000程度のスペックしかない頭は

 

フリーズ。

 

下書き保存が溜まりに溜まってゆくという、あ、あとでオチを書き直せばいいやあ、なんていう典型的な飽き性がたちまち姿を現します。

 

 

今日はゴールまで辿りつけるかな〜

お蔵入りかな〜

 

後々下書き保存を見返して「うわ、キモっ」っていう鳥肌を独占するのも悪くない。陰陰陰

 

 

最近思ったことを桃色のオブラートに包みながら話そうかな、なんて思ってます。

ちゃんと包めてるかどうかは気にしないでください。粉薬はそのまま飲む派なんで。

 

 

 

私の本棚に一冊の本があります。

 

サン=テグジュペリの「星の王子さま」という本です。

 

もともと向こうの言語で書かれた本で、様々な日本語訳があるみたいですが

 

まぁ、なんというか、高く評価されているわりには内容が右から左へ抜けていくような抽象的な物語で読む人によっては「何これ?」となる本だと思います。かくいう私もそうでした。おつむがよわい

 

その本の一枚の絵をふと思い出しまして

 

なんだかソレが妙に最近のくだらない毎日に当てはまってしまってツボった、ただそれだけ。

 

f:id:mrs064130:20170713054017j:image

 

 

なんだよこれ、っていう感じですが

 

王子さまは6歳の頃、原生林で大蛇が大きな獣を丸呑みしてしまうという話を聞いた。

それはそれはなんと恐ろしいと思い、その怖さを周りの人に伝えようと色えんぴつで描き上げたのがこの一枚の絵。

 

説明を聞けば、右側にある点が大蛇の頭で、ラクダのこぶみたいに膨れ上がっているところに大きな獣がいて…っていう風にわかりやすい解釈が生まれてきますが

 

王子さまが「この絵、怖い?」と大人に尋ねると返ってくる言葉は全部一緒。

 

「この帽子のどこが怖いの?」

 

王子さまは絵の本質を覗こうともしない大人たちに心底がっかりし、いろんな星に旅に出かけます。

ここから、星の王子さまという物語が始まるわけです。

 

この本にはこんな一節もあります

「目に見えるものだけが真実とは限らない」

 

まさに上記のような話ですね。

 

かたちとかことばとかで表現できる、五感で確かめることのできる確かなものが大好きで、そこに安心を求めて群がる習性が人間にはあるなあと思います。

 

目の前にあるものを自分なりの解釈で包み込んでそれを信じて疑わない。ある意味幸せかもしれないね。

 

目に見える表面上の実態が全ての本質を物語ってるわけじゃないんですよねーほんと。

 

 

非行少年やヤンキーも家に帰れば愛犬と戯れてたりするわけだし

 

大人しそうなあの子が実はピンサロ嬢だったりもするわけですし

 

 

他人が隠し持ってるギャップに驚くことはいままで、そしてこれからの人生で幾度となく訪れることでしょう。善し悪し関係なしにね!!

 

本人の口から聞く言葉が1番確かなものとは限らないし、ましてや風の噂で飛んできたものなんて真実を何百倍希釈したか分からない。でもそういう、もう、それ、水だろ!!みたいなうっすい麺つゆの汁みたいなのが大好きなんだよねミンナ。

 

最近それを身を以て感じでいる所存でございます。

 

人間誰だって噂話とか、ゴシップが好きじゃないですか。

だから週刊誌とかフライデーとかがあるわけで、もっと言えば自分の身の回りのアレヤコレヤなんて首を突っ込まずにはいられないんですよね。

 

実際問題そういう「ここだけの話」みたいなものを目や耳から食べてお腹を膨らましてるよーな人間ばっかだし。というか自分もそうだし。

そういうゲスな人間を否定するわけじゃないけど、そういうやつらが世の中に多く蔓延ってるってことをよく考えて物事発言したりしなきゃなぁと思います。

 

なんだって自分を大きく見せようと頑張ってる姿は水晶体を通して、ひどく滑稽に写ってしまうから。

自分の人間的価値を見せつけたいがために黒歴史を公言したりね、当時の自分はきっとそれがブラックアンドヒストリーだなんて微塵も思ってなかったんだろうけど!!むしろ今流行りのシャーベットカラー???だと信じて疑わなかったああ過去殺したい

 

そんなことしたからって周りの人は自分を羨んだりしないし、むしろ酒の肴にされてるからな!お前ら本当明日は我が身だぞ!!!

大体そういうことするカワイソウな人って無駄にプライド高かったりして腫れ物扱いされてるんだからな!!(ああ胸が痛い)

 

 

過去の自分にリピート再生して言ってあげたい。今、余計なことは言うなと。そんな話だれも聞いてもいない、と。多々あることです、なので今からでも遅くないとは思うけど。リアルって難しい。

 

ありのままの自分でいいんだよって最近すごい思います。

自分が自分を肯定してあげないでだれが認めてあげられるんだよ!他人のため?バカか!

 

いつだって誰かの二番煎じで、引用してcopy and pasteみたいな生き方しか出来ないから、それだったら自分が1番キラキラしてると思う自分をコピペして生き繋いでいくしかないんだろうな。少しずつ句読点とかが変化していって、それを他人が勝手に成長っていう二文字で褒めてくれるでしょう。

 

意味わかんないね。

 

流しそうめんしたい、マリオ64もしたい。

課題はやりたくない。

グループワークの残骸を葬ってほしい、学校も行きたくない。

 

ばいばい。

 

 

広告を非表示にする