読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋のお相手はお星様

 

 

おはようございまーす。

 

って目を覚ましたら家を出る時間だったねえさんです。最近だらしねえな。

 

昨日のだらしなエピソードは、午後の講義でプレゼンがあって

おもいっきし全文を書き写したカンニングペーパー(もはや台本)を作りました。

その姿は本当に英文学科か?と疑いたくなるぐらい情けないものでした

 

入学前は、こう、英語がくちから流れるようにスラスラーっと喋れるヴィジョンを思い描いていたんだけどなぁ〜

 

どこで道を間違えたんだろう:(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

さて〜ここから本文ですよ〜!(唐突)

 

今日は私の最近お気に入りの曲の一節をご紹介したいと思います!

 

歌ってらっしゃるのが

「ラブリーサマーちゃん」

という女性シンガーソングライターなんですけれども、みなさんご存知です?

ファン間の愛称はラブサマちゃん、らしいので以下敬称を省略したいと思います_(:3」z)_

 

彼女は今現在21歳で、高校生の頃から作詞作曲録音をなんと全て自宅で行い、曲を作ってはウェブサイト上に投稿し、じわじわと注目を集め、なんと昨年にはメジャーデビューを果たしました。

 

最近ではカラオケアーティスト新曲紹介のコーナーにも出演しており、その切ない歌詞やノスタルジックなメロディーに若い子から絶大な人気を集めています。

私も彼女の書くリリックに魅了された1人です。(笑)

 

そんな超努力家の彼女の歌の一つに

「あなたは煙草、私はシャボン」というものがありまして

解釈としては「ある女の子が素敵な男性に恋心を抱き、自分と彼の年の差や身分の違いにどうしようもなくなる」という年頃の切ない乙女心が綴られています。

 

この曲の出だしの一節が思わず共感せずにはいられなくて、その一節というのが

 

「背伸びをしたって届かない

      恋のお相手はお星様」

 

 

というものです。本日のタイトルですね。

ほら、可愛らしいでしょ??(誰)

 

ちょっとここから唐突に恋愛について語り出します。

 

色んな人と出会って、恋に落ちて、お互いが惹かれあって、一緒の時間を共にして、別れを経験して…そんなことを繰り返し、大人になっていく年代に差し掛かったなぁ

 

でもそんなにいくつもの恋愛をしてきたわけじゃなく、どちらかというとスタートの「恋に落ちる」部分で足踏みをし続けてることが多い気がするな〜。

 

と、そんな感じで恋愛に対するコンプレックスが徐々に肥大化している時、この曲を聴いたんです。

 

なんていうか

女の子が一歩を踏み出せない原因はこの歌詞の一節が全部物語っているな。すげえ。

 

っていうのが率直な感想でした。

 

この歌詞にもあるように

自分がすっごいちっぽけでどうしようもないヤツに思えて「釣り合うはずなんてない」と好きな人と自分を比べてしまう。

 

私のこと歌うのやめてぇぇぇ!

と胸が苦しくなりました(笑)

 


きっとだれしもがなんとなーくネガティブ思考に陥ってしまうんだなってことを気づかせてくれましたね。恋に落ちると。

少なくともラブサマちゃんが代弁してくれたということは、そう思ってるのは自分だけじゃないんだなぁと。

 

「どうせ」の一言で自分から自信を奪ったり

相手をはるか遠い存在に感じたり

なんで自分ばっかりうまくいかないの?!って思ったり

 

そんな人間が時々(常々?)感じている後ろ向きな感情を、ポップなメロディに乗せて歌われていてとても心に突き刺さりました。

いい意味で。(笑)

 

 

 

結局何が言いたいかというと

何が言いたいんだろう。(笑)

 

よくわからないけど、背伸びしたり見栄を張ったりすることなく素の自分を出せる関係の人と出会えたらいいなという、漠然とした承認欲求だけが浮き彫りになっております。(笑)

 

 

話が逸れましたね

 

そういえば前の方に書くのを忘れていたのですが、ラブサマちゃんは「MVにて一切顔出しをしない」をモットーとして活動されているみたいです。

 

しかし、最近公式サイトにアップロードされた

「魚の目シンパシー」という曲に

 

なんと、ラブサマちゃん本人が出演しています!

 

えっ、ラブサマちゃんこんな可愛いの?!えっ!と思わず声を上げてしまったんですがなんとMVの最後に衝撃のラストが待ち構えています。(笑)

 

今日紹介した曲も大好きな曲の一つですが、他にも個性的な曲がたくさんあるので

興味がある方は是非YouTubeにてご覧ください✌︎

 

ではでは。☁ ☝ˆ~ˆ☂