読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメン part1

 

 

こんばんは~

 

 

この記事が本日中に完結できれば、本日二度目の投稿になるのでしょうか?

 

映画研究会に所属している私は、最近夏ごろに撮った映画の編集に追われています。

動画をくっつけたりするだけの簡単な作業なので、今のところすごく楽しいです('ω')

 

自分の頭の中に浮かんだイメージが脚本を通し、色々な人の支えを受け、こうやって映像になっていくのってこのサークルに入っていないとできなかったことだし

本当に入ってよかったな~と思います。(笑)

 

人とのつながりも縦にも横にも広がった1年だったな~

1年前にちょうど入部して 絵コンテ?はて? みたいな状態だった奴がのが、今年、正式に先輩になるんですよ。

恐ろしい事態ですね。(笑)

 

果たして先輩と呼ぶにふさわしい先輩になれるのだろうか…

フレンドリーに新入生に声かけて仲良くできるのだろうか…

不器用なりに今年もたくさんの人と関わりを持っていきたいな…

 

そんな感じで不安と期待が脈を打っています。大丈夫だよ!見上げればもう!大丈夫だよ七色の橋!

 

 

 

本題に入ります。

 

 

今日の議題はズバリ

みんな大好きラーメンです('ω')イエェエエエエ!!!

 

今回ラーメンについての記事を書こうとしてる私なのですが

実は1年前までわざわざ外食してラーメンを食べる人を心の中でバカにしてました。

 

外食するならもっといいもん食えよ。なんでラーメンチョイスすんの?

と。(笑)

何様?と思う方、そんな人間にもラーメンを好きになるきっかけが訪れるんですよ

 

ねえさん は らーめんや で あるばいと を はじめた!!

 

はい、そうなんです、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが去年の春くらいから近所のラーメン屋さんでアルバイトをしています。

 

ラーメン屋で働いとるで~というと大体、え!大変そう!って言われるんですけど

ぶっちゃけ、今まで働いてきたバイトの中で一番楽です(笑)

 

職場の環境もあると思うんですけど、大体が私より一回り上の世代の方なので、すごく可愛がっていただいております(笑)

 

そして何より

まかないが食える!!!!!!

 

 

初出勤の日、店長が作ってくれたまかないを食べて

 

え、なんこれ、めっちゃうまいやんwwww

 

といとも簡単にラーメン虜にされてしまったのです。

 

それからというもの、家族や友達と外食するときは決まってラーメン屋に行こうと言い出すようになって、色んな店舗のラーメンを食べてまいりました。

 

その中でも私が特に推しているラーメンを今回ご紹介していけたらと思います。

 

 

 

と思ったんですが、明日落としたらめっちゃめんどくさいことになるテストを控えているので今回はここまでにしたいと思います。

 

焦らしプレイをしていくスタイルです。

 

このブログを心待ちにしている読者さんがいるかは定かではありませんが

まぁ、そんな問題は置いておきましょう(笑)

 

 

次回こそは飯テロ爆弾を投下したいと思いますので、ぜひ見ていただければと思います!苦しめ!お前ら!

 

ここまで読んでくださってありがとうござました、ではでは。

広告を非表示にする

「過眠症」

 

 

突然ですが皆さんの睡眠時間は1日何時間くらいですか?

1日3時間ぐらいしか寝なくても平気な方
日付変わる前には寝てしまうという方

 

睡眠の取り方も十人十色だとは思いますが、私は圧倒的後者です。

 

すっごい寝るんですよ。

 

日によっては12時間くらい寝てもまだ足りないな〜と感じる時もあるぐらいお布団大好き芸人です。(笑)

 

この睡眠の時間を趣味や勉強に充てられたらな〜と、たまに寝てない自慢をしてくる人間が羨ましく思うぐらいです。

(突然の煽り)

 

じゃあ講義とかで眠くなったりはしないね!さすがねえさん!(煽り返し)って思われるかもしれないんですが

 

不思議なことに十分な睡眠を取っている日でも、すっごい眠くなる時期があったんです。

 

桜がたくさん咲いていたから5月か、それぐらいかと思うんですが、ある日講義を受けていたら、物凄い眠気に襲われました。

 

あ、ねむ。と思ってふっと目を閉じたら案の定そのまま寝てしまい、目を覚ましたらなんと講義がほとんど終わってたんですね。(笑)

 

あの時は焦りましたね〜

多分1時間近く寝ていたと思います。

 

その時はただの五月病かなと思って、さほど気にしていなかったのですが

 

この眠気はなんとバイト中にまで猛威を振るってきやがりました。(笑)

洗い物をしながらウトウト…それこそ一歩間違えたら食器ガッシャーン:(;゙゚'ω゚'):です。

 

さすがにこれはやばいと思い
親や、友人に相談してみると

 

それ「睡眠障害」じゃない?

 

と言われ、まさかなぁと思いググってみると、私の症状にぴったり当てはまる病名がヒットしました。

 

 

ナルコレプシー(narcolepsy)」
日本語で「過眠症」とよばれるものです。

 


睡眠障害って聞くとおそらく多くの人がまず

不眠症」というものを想像すると思います。

 

夜中寝ようとしているのに眠れなかったり、目覚ましより先に起きてしまったり

まぁ簡単に言っちゃえば「寝れない」ことが原因で悩む病気です。


一方でそれとは対極の存在にあるのがこの「過眠症」と呼ばれるものです。

 

具体的な症例は、一般的に

 

・何時間寝ても寝足りない

・充分な睡眠を取っているのに昼夜問わず眠くなる

・その眠気が私生活にまで支障をきたしていう(呂律が回らない、膝の力が突然抜けて倒れてしまうなど)

 

不眠症とは逆に

「起きていられない」病気ですね。

 

進行が進むと、体は起きているけど脳は寝ている状態という「夢遊病」を発症したり、気持ちが高ぶったり落ち込んだりを繰り返す、「躁鬱状態」にもこの過眠症を患っている時にはなり易いようです。

 

うえ二つにはがっつり該当してたので、まじかー我病気やー誰か助けてクレメンス…と思ったんですが、実はこの病気、日本人の600人に1人の割合で患っているらしいです。

 

めっちゃおるやんけ…眠いの私だけじゃなかったんや…よかったンゴ…と胸をなでおろしました。(笑)

 

現在では投薬治療も盛んに行われており、大体の患者さんが薬を飲むことで症状を緩和させることに成功しています。

 

1番の特効薬はやはり睡眠をとることらしく、夜間の睡眠だけじゃ足りないよーという方も積極的に昼寝をすることで、症状が良くなったりすることが多いそうです。

 

私も夏休みに入って暇さえあれば寝るようにしてました。(笑)

すると不思議なことに後期が始まる頃には、講義で眠くなったりバイト中激しい眠気に襲われたりもしなくなりました。

 

目には目を歯に歯を、てことなんですかね。睡眠には睡眠を。( `-´ )

 

もし、いくら寝ても症状が緩和されないという方は迷わず睡眠外来を受診することをお勧めします。

 

私も一回だけ電話したんですが、予約が1ヶ月待ちと言われ泣く泣く自力で治しました(笑)

 

病院によって混み具合はそれぞれですが、上にも書いた通り、多くの患者さんが患う病気なので、心当たりがあったら早めに相談するのが吉かもしれませんね!

 

 

よひ…ではでは…

眠たくなってきたので今日はこの辺で…

 

_(:3」z)_

広告を非表示にする

文学少女には程遠いけれど…

 

こんにちは〜

 

 

今日も講義を右から左へ受け流してしまったねえさんです。

 

学期も後半に差し掛かると、どうしても休みがちになってしまうんですよね〜

 

バスが目の前でじゃあのしたのでああ、1講なんてなかったんや。そうや。とオフトゥンへジャンピング睡眠していました。

 

おはよう。どうもクソ大学生の鑑です。

 

ああ〜単位まで見送ってしまわないといいけど ☜( ˆoˆ )

 

 

 

 

 

 ここから本文です。

 

今日の内容はずばり、本です。

 

一年ぐらい前から読書にハマりまして、たまーにですが図書館に行って借りた本やら、本屋に立ち寄って気になった本を買って読むようにしてます。

 

その中でも私が読むことが多いのはミステリー小説や恋愛小説です。

 

そこまで読み漁ってるというわけではないので文学少女(もう少女っていう年齢じゃないけど)には程遠いんですが、

 

何冊か読んでるうちに「あ!これ人に紹介したいな!」という本に何冊か巡り合ったので今回は2016年に私が読んだ本で個人的に面白かったなぁと思う本を一冊だけ紹介したいと思います。

 

 

 

『セカンドラブ』

著者 乾くるみ

 

f:id:mrs064130:20170118195102j:image

 

この作品は上にも書きました通り、「イニシエーションラブ」の著者でもある乾くるみさんの姉妹作です。

 

イニシエーションラブは一昨年に映画化もされ、一時期「ラスト5分で絶対に騙される映画」と話題になりましたね。(笑) 

 

私もこの作品、観ました。 

 

しっかり騙されました。

 

もうラストなんてずっと開いた口が塞がらなかったですもん。(笑)

それぐらい衝撃てきなラストが待ち構えているわけです。

 

 

このイニシエーションラブという作品、映画では「ラスト5分で全てが覆る」が売りでしたが小説の方では「最後の2行、あなたは騙される」なんですね〜

 

そして、今日紹介する「セカンドラブ」も同様。ラストに大どんでん返しが待ち受けている作品になっております。

 

ようするにこの乾くるみさん、伏線を張りに張りラストで「ええっ?!嘘でしょ?!」と、読んでいる人の度肝を抜く展開を作り出すプロフェッショナルなんです!

 

早速あらすじにまいりましょう。

 

〜あらすじ〜

 

舞台は80年代の東京。

ハラモク工場勤務の 里谷正明 は職場の先輩である紀藤に連れられスキー旅行に行く。

先輩の彼女が連れてきた 内田春香 という女性に一目惚れし、2人は次第に電話で連絡を取り合うようになる。

お互い話をするうちに惹かれあい、2人はめでたく付き合うことに。ふぅぅ。

 

 

なにもかもが順調な滑り出し

と思えたが、付き合って1ヶ月目にある事件が起こる。

 

 

2人で街中を歩いていると、ある男が春香の顔見て

「美奈子…お前よくも俺を騙したな!」

と腕を掴み、言いがかりをつけてくる。

 

何のことかわからない正明はとりあえず男の言い分を聞く

話によると男は「シェリール」という歌舞伎町にあるキャバクラに通っており、その店には春香にそっくりな女の子がいるらしい。

春香は当然そんなお店には見覚えもなく、正明自身も春香がそんな仕事をやっているようには思えない。

とその時はさほど気にも留めていなかった。

 

 

事件のことも忘れかけいたある日、職場の飲み会が終わり同僚に「そういうこと」をしてくれるお店に行かないか、と誘われる。

彼女がいるから遠慮しとく、と断ったがそんなことは御構い無し!

というテンションの同僚に連れられ、ピンクのネオンのビルが立ち並ぶ歌舞伎町に連れてこられた正明は、ふとあの男が口にしていた店の名前を思い出す

 

「シェリール」

 

もしその店に、春香そっくりな女の子がいるとしたら?

 

怖いもの見たさと後ろめたさが交錯しつつも、好奇心に勝てず、正明はその店に足を踏み入れてしまう。

 

するとそこには、厚化粧を身に纏った春香そっくりの女性の姿があった。

声も姿も自分の彼女にそっくりな女性を目の前にし、正明は衝撃を受ける。

女は「美奈子」といい春香とは全くの別人だという。

その証拠に、彼女の免許証には 半井美奈子 という名前が記されていた。

 

シェリールから帰った後も、美奈子の存在が頭から離れなくなり、春香とあっている時でさえ美奈子のことを考えるようになる正明。

 

「春香」「美奈子」

二つの存在に正明の心は揺れ動き…

 

 

 

てな感じです。

ざっくりとした説明で申し訳ありません。(笑)

あまり語ってしまうと、ネタバレになってしまうのでここまでにしておきました。

 

正明が果たして春香、美奈子、どちらの女性と結ばれるのか。

 

そして結末には、どんなどんでん返しが待ち受けているのか。

 

ここからいい意味で読者の期待を裏切る話が展開されていきます。(笑)

 

乾さんが得意とする「伏線張り」にも注目です。

 

話がスムーズかつテンポよく進んで行くので「私小説とか読まないから…ちょっと…」という方でもスラスラ読める本になっているんじゃないかな〜と思います!

 

作品の面白さが伝わらない記事ですいません…もうちょっと日本語勉強し直します…

 

自分が通っている大学の生協にも多分ですが置いてあると思うので、興味持った方は読んでみるといいかもしれません。

 

というか、面白いので是非読んでみてください!(笑)

 

 

3冊くらい紹介しようかなと思ったのですが目が疲れたので、本日はここで失礼したいと思います。

 

ではでは!(´∀`)

恋のお相手はお星様

 

 

おはようございまーす。

 

って目を覚ましたら家を出る時間だったねえさんです。最近だらしねえな。

 

昨日のだらしなエピソードは、午後の講義でプレゼンがあって

おもいっきし全文を書き写したカンニングペーパー(もはや台本)を作りました。

その姿は本当に英文学科か?と疑いたくなるぐらい情けないものでした

 

入学前は、こう、英語がくちから流れるようにスラスラーっと喋れるヴィジョンを思い描いていたんだけどなぁ〜

 

どこで道を間違えたんだろう:(;゙゚'ω゚'):

 

 

 

さて〜ここから本文ですよ〜!(唐突)

 

今日は私の最近お気に入りの曲の一節をご紹介したいと思います!

 

歌ってらっしゃるのが

「ラブリーサマーちゃん」

という女性シンガーソングライターなんですけれども、みなさんご存知です?

ファン間の愛称はラブサマちゃん、らしいので以下敬称を省略したいと思います_(:3」z)_

 

彼女は今現在21歳で、高校生の頃から作詞作曲録音をなんと全て自宅で行い、曲を作ってはウェブサイト上に投稿し、じわじわと注目を集め、なんと昨年にはメジャーデビューを果たしました。

 

最近ではカラオケアーティスト新曲紹介のコーナーにも出演しており、その切ない歌詞やノスタルジックなメロディーに若い子から絶大な人気を集めています。

私も彼女の書くリリックに魅了された1人です。(笑)

 

そんな超努力家の彼女の歌の一つに

「あなたは煙草、私はシャボン」というものがありまして

解釈としては「ある女の子が素敵な男性に恋心を抱き、自分と彼の年の差や身分の違いにどうしようもなくなる」という年頃の切ない乙女心が綴られています。

 

この曲の出だしの一節が思わず共感せずにはいられなくて、その一節というのが

 

「背伸びをしたって届かない

      恋のお相手はお星様」

 

 

というものです。本日のタイトルですね。

ほら、可愛らしいでしょ??(誰)

 

ちょっとここから唐突に恋愛について語り出します。

 

色んな人と出会って、恋に落ちて、お互いが惹かれあって、一緒の時間を共にして、別れを経験して…そんなことを繰り返し、大人になっていく年代に差し掛かったなぁ

 

でもそんなにいくつもの恋愛をしてきたわけじゃなく、どちらかというとスタートの「恋に落ちる」部分で足踏みをし続けてることが多い気がするな〜。

 

と、そんな感じで恋愛に対するコンプレックスが徐々に肥大化している時、この曲を聴いたんです。

 

なんていうか

女の子が一歩を踏み出せない原因はこの歌詞の一節が全部物語っているな。すげえ。

 

っていうのが率直な感想でした。

 

この歌詞にもあるように

自分がすっごいちっぽけでどうしようもないヤツに思えて「釣り合うはずなんてない」と好きな人と自分を比べてしまう。

 

私のこと歌うのやめてぇぇぇ!

と胸が苦しくなりました(笑)

 


きっとだれしもがなんとなーくネガティブ思考に陥ってしまうんだなってことを気づかせてくれましたね。恋に落ちると。

少なくともラブサマちゃんが代弁してくれたということは、そう思ってるのは自分だけじゃないんだなぁと。

 

「どうせ」の一言で自分から自信を奪ったり

相手をはるか遠い存在に感じたり

なんで自分ばっかりうまくいかないの?!って思ったり

 

そんな人間が時々(常々?)感じている後ろ向きな感情を、ポップなメロディに乗せて歌われていてとても心に突き刺さりました。

いい意味で。(笑)

 

 

 

結局何が言いたいかというと

何が言いたいんだろう。(笑)

 

よくわからないけど、背伸びしたり見栄を張ったりすることなく素の自分を出せる関係の人と出会えたらいいなという、漠然とした承認欲求だけが浮き彫りになっております。(笑)

 

 

話が逸れましたね

 

そういえば前の方に書くのを忘れていたのですが、ラブサマちゃんは「MVにて一切顔出しをしない」をモットーとして活動されているみたいです。

 

しかし、最近公式サイトにアップロードされた

「魚の目シンパシー」という曲に

 

なんと、ラブサマちゃん本人が出演しています!

 

えっ、ラブサマちゃんこんな可愛いの?!えっ!と思わず声を上げてしまったんですがなんとMVの最後に衝撃のラストが待ち構えています。(笑)

 

今日紹介した曲も大好きな曲の一つですが、他にも個性的な曲がたくさんあるので

興味がある方は是非YouTubeにてご覧ください✌︎

 

ではでは。☁ ☝ˆ~ˆ☂

  

 

 

はじめまして

 

初めましての方ははじめまして、前回のブログから見てくださっている方はこんにちは!

 

ねえさんです!

 

今日からですね、このブログで自分の身の回りの興味関心あること色々書き連ねていこうかと思います。

 

 

なんか実況プレイ動画の冒頭の挨拶っぽくなったけど!!

 

ちょっとやってみたかったんだって!ごめんて!

 

あ、前回のブログってちらっと書いたんですけど3年くらい前にやっていたア●ブロのことです。

 

ツイッター上で公開していたものなので当時のフォロワーさんぐらいしか知らないでしょう。(笑)

 

久々に昔のブログのぞいてみたら、書いてる内容がキモすぎて2ページめぐらいで心不全起こしそうになったのでこのブログものちにそういう類のものになるのかな??ヒィ

 

 

そんな不安はさておき

 

やると決めたからには継続していけたらいいなーと思います。

 

ゆるーく、てきとぉーに。(笑)

 

もう本当チラシの裏側のようなブログになるとは思いますが温かい目で見守っていただけたら嬉しいです( ・´ヮ・`)

 

広告を非表示にする